スポーツ賭博にハマっている海外セレブとは?

人生におけるステータスがどうであれ、スポーツ賭博を趣味とするのはごく自然なことです。著名なスポーツ選手や有名人スターの中には、スポーツ賭博を主な収入源の一つとし、スポーツ試合に数千ドル、あるいは数百万ドルを賭ける人もいるのはご存知でしたか?では一体、そんなスポーツ賭博にどっぷりハマっている有名なハリウッドセレブとは誰なのでしょうか?早速チェックしてみましょう!

チャールズ・バークレー – 現役当時、世界最高のバスケットボール選手の一人といわれたチャールズ・バークレーは、実は、大のギャンブル好きでもあります。ブラックジャックやスポーツ賭博で約3,000万ドルを失ったとコメントしていますが、これはまさに莫大な金額になります。

ヤロミール・ヤーガー – ヤロミール・ヤーガーは、1990年代に活躍したNHLプレーヤーの中で最も稼いだ選手の一人。自分の収入だけでは物足りないと感じ始めたことから、スポーツ賭博にハマり、約50万ドルを失うまでに至ったのだとか。

アシュトン・カッチャー – アメリカの有名なハリウッド俳優で、同じく有名なハリウッド女優ミラ・クニスの夫でもあるアシュトン・カッチャーは、アメリカ最大のカジノシンジケートと繋がりがあると噂されています。

ピート・ローズ – 元MLB選手であるピート・ローズは、長年プレーしたのち、引退後はマネージャーへと転身しました。MLBの規則に反する賭けをしているという疑惑があり、試合出場を停止されたこともあります。

ブライアン・バードマン・ウィリアム – 『100 million』『Neck of the woods』『Tuck Ya Ice』『I get Money』などのヒット曲で知られるラッパー。2018年のスーパーボウル、イーグルス対ペイトリオッツの試合では、ラッパー仲間に対して約20万ドルを賭けることをSNSで投稿し、大きな話題を呼びました。

ポール・ホーナング – ポール・ホーナングは、1960年代に活躍したアメリカンフットボール選手の一人で、4度の優勝を果たしています。NFLとNCAAの試合で100〜500ドルという当時としてはかなりの大金を賭けたため、1年間の出場停止処分を受けたこともあります。

チャーリー・シーン – 『Two and a Half Man』『Platoon』『Hot Shots』などのヒット作品で知られるアメリカ人俳優チャーリー・シーンは、数々のスキャンダルに巻き込まれていますが、それにもかかわらず、依然としてお金持ちです。彼の元妻の情報によると、たいてい週末のギャンブルだけに20万ドルも費やすのだとか。

マイケル・ジョーダン – 史上最高のバスケットボール選手として、世界中のバスケファンから愛されるMJですが、負けず嫌いな性格がゆえに、ギャンブルゲームにも手を出していたとしても不思議ではありませんね。よく噂されたゴシップの内容によると、ジョーダンの早期引退は、NBAからの出場停止処分を回避するためだと言われています。というのも、NBAの契約ではギャンブルは厳禁とされているからです。

50セント – 50セントは、映画作品にも出演している有名なラッパー。ギャンブルで得た賞金をTwitterやInstagramなどのSNSアカウントに投稿しているのがよく見かけられます。

フロイド・メイウェザー・ジュニア – 元ボクシングチャンピオンであるフロイド・ジュニアは、驚異の「50戦50勝」という記録を持つ完璧なキャリアを送りました。そしてこの圧倒的強さは、彼のギャンブル歴にも当てはまり、賭けた金額のほとんどを勝ち取っているようです。

Liked Liked